歯医者に定期的に通って口内環境を整えよう

男性ドクター

こまめな歯みがきを徹底

歯の治療

口の中には沢山の菌が生息しており、その中には虫歯菌も含まれます。しっかりと歯を磨かなければ、すぐに虫歯になってしまいます。虫歯になると、歯医者で治療をしなければなりません。大人の歯は、子供の歯に比べて虫歯による痛みを感じにくいため、虫歯になったことに気付きにくいといわれています。歯が痛くなってから歯医者で治療した場合、すでに手遅れということにもなりかねません。そのため、定期的な歯医者での検診は重要であると考えられます。

虫歯の原因となる菌は、ミュータンス菌とラクトパチラス菌がよく知られています。ミュータンス菌は、口の中で酸を作って歯を溶かしていきます。ミュータンス菌はグルカンと呼ばれる物質を作ることによって、歯にくっつきます。グルカンという物質は歯みがきではなかなか落とすことができません。こまめに歯みがきをしてグルカンにくっついた菌を落とすことが虫歯予防につながります。歯を磨かないまま寝てしまうと、グルカンにくっついた菌を増殖させることになってしまいます。たとえ疲れていても、毎日こまめに歯みがきをすることはとても大切です。ミュータンス菌は、赤ちゃんの口の中にはもともと存在しないといわれています。ミュータンス菌の感染経路は唾液です。お母さんと同じお箸やスプーンを使うなどして感染していきます。このことから、赤ちゃんはいつ虫歯菌が感染してもおかしくない状況で生活をしていると言えます。そのため、菌の感染を防ぐよりも、正しい歯磨きを歯医者で指導してもらい、徹底することが虫歯予防につながると考えられます。大阪には沢山の歯医者があるので、大阪に住んでいる人は、近くの歯医者に一度足を運ぶと良いでしょう。大阪にはおいしいものが沢山あります。そのおいしいものを味わい続けるためにも、大阪の歯医者に通うことはとても大切です。