歯医者に定期的に通って口内環境を整えよう

男性ドクター

適切なタイミングを知ろう

歯科

虫歯の予防には日々の歯みがきが重要です。その歯磨きに関して、近年重要な研究成果が発表されています。虫歯を予防するために、食後すぐに歯を磨く人は多いですが、食後すぐの歯磨きは、実はあまり歯に良くないということがわかってきました。虫歯は口内の食べかすに虫歯菌が集まり、その虫歯菌の数が増えることで進行します。しかし、食後すぐの口内の状況は食べ物と一緒に虫歯菌が体内に運ばれていることから、虫歯菌の数が少なくなっています。また、食事をすると歯のエナメル質が剥がれて歯が弱っている状態になっているため、このような状況で歯をみがいてしまうと逆に歯を弱めてしまうことになります。虫歯予防に最適な歯みがきのタイミングは、就寝前と起床後です。就寝前は、虫歯菌が最も増殖している時間帯です。そのタイミングで歯を磨くことによって、効率良く虫歯菌を取り除くことができます。大阪の歯医者では、正しい歯磨きの方法や歯みがきのタイミングなどを指導してくれます。定期的に大阪の歯医者に通うことで、虫歯に関する正しい知識を身につけることができるようになります。

日頃の歯磨きが不十分だと、虫歯になってしまいます。虫歯の治療は早期発見により簡単に終わらせることができますが、大人の虫歯は自覚症状がないために早期発見が難しいと考えられます。虫歯の早期発見には、歯医者で定期的に検診を受けることがとても大切です。大阪では、隠れ虫歯をもつ人が沢山いると考えられます。大阪にある近くの歯医者に通って歯の健康を保ちましょう。