歯医者に定期的に通って口内環境を整えよう

男性ドクター

歯周病の怖さを理解する

ドクターと患者

お口の健康はそのまま体全体の健康へと繋がっていきます。歯をしっかり磨くことの徹底や、歯医者での定期的な検診を怠ると、歯周病になってしまう可能性が高くなります。
歯周病は、口臭や歯を痛める原因にもなると考えられています。口臭はその人の印象にも影響を及ぼすため、予防はとても大切です。

歯周病は、口の中の細菌が原因で起きる歯肉炎をいいます。歯周病が進行してしまうと、歯を支えている骨を溶かして歯が抜けてしまいます。歯が抜けてしまうことに関しては、現在の歯科医療の発展したことで、歯医者でインプラントや入れ歯などの治療を受けて改善することができます。しかし、歯周病は、歯や口内以外にも細菌が侵入してさまざまな病気を引き起こす怖い病気なため注意が必要です。

歯周病を引き起こす細菌は、歯と歯茎の間にできる歯周ポケットの溝に入り込むと歯肉の血管を通じて全身へと循環していきます。全身に循環した細菌は、脳梗塞や心筋梗塞といった全身疾患を引き起こす原因になると考えられています。大阪においても全身疾患の危険性を持つ歯周病になっている人は沢山います。病気で苦しむことがないように、大阪の歯医者で対策をすることはとても大切です。歯周病は日本人の30歳以上の約8割が感染しているといわれています。大阪においても例外ではないでしょう。決して他人事として考えるのではなく、身近に潜んでいるリスクとして予防対策することが大切です。大阪には歯周病治療を行なっている歯医者が数多くあります。歯周病ケアのためにも定期的な検診は重要です。